Android でマナーモードを設定するには? バイブレーションやミュート、サイレント モードも画像付きで解説

Android 便利機能 2022.10.18
Android でマナーモードを設定するには? バイブレーションやミュート、サイレント モードも画像付きで解説

集中したいときや静かな場所で役立つ、マナーモードやサイレント モード。「音は消したいが、バイブレーションはオンにしたい」「仕事中は通知をなくしたいけれど、取引先からの着信は鳴らしてほしい」など、もっと使いやすく設定したいと思うことはありませんか。そのような自分に合った通知のカスタマイズは、マナーモードなどの設定で叶えられます。本記事ではマナーモードなどの消音機能の概要やオンオフの切り替え方、詳細な設定方法などを画像付きで紹介します。

マナーモードとは

マナーモードとは、スマホの着信音や通知音を制御する設定の一つで、着信音を鳴らさずバイブレーション(振動)の通知にしたり、着信があっても鳴動しない設定にしたりできます。

マナーモードは消音機能の総称として利用されている言葉で、機種やメーカーによっては異なる呼び方の場合もあります。ちなみに、マナーモードは和製英語で、英語では silent mode(サイレント モード)、vibrate mode(バイブレート モード) などと呼ぶようです。

マナーモードとは

マナーモードの主な設定方法

マナーモードは、スマホ本体の側面にある音量ボタンを押すなどの簡単な操作で設定できるものが多いです。そのため急いでマナーモードにしたいときなどにも、すぐに対応できるでしょう。ここからは、Google Pixel を例にマナーモードの主な設定方法を画像付きで紹介します。

マナーモードの主な設定方法

バイブレーション

バイブレーションとは着信や通知音は鳴らさずに、振動で知らせてくれる設定のことです。バイブレーションの設定方法は以下のとおりです。

  1. 音量ボタンを押します(上下どちらの音量ボタンでもかまいません)
  2. 画面右側に音量などの設定メニューが表示されるので、着信音アイコン(ベルのマーク)をタップします右側に音量などの設定メニューが出てきた画面
  3. 3 つ並んだアイコンのうち、一番上にあるバイブレーション アイコンをタップして完了ですバイブレーション アイコンをタップした画面

ミュート(サイレント)

ミュートとは、着信や通知音がなく、振動もない設定のことです。ミュートの設定方法は以下のとおりです。

  1. 音量ボタンを押します(上下どちらの音量ボタンでもかまいません)
  2. 画面右側に音量などを設定するメニューが表示されるので、着信音アイコン(ベルのマーク)をタップします
  3. 3 つ並んだアイコンのうち、中央にあるミュート アイコンをタップして完了ですミュート アイコンをタップした画面

バイブレーションやミュートを解除したくなったら、同様の手順で着信音アイコン(ベルのマーク)をタップすれば解除できます。もし現在の設定がわからない場合は、音量ボタンを押すと現状のアイコンを確認できます。

マナーモードで音が鳴ってしまったのはなぜ?

「マナーモードにしたはずなのに音が鳴った!」と焦った経験はありませんか。実は、一般的なマナーモードで消音するのは主に着信音、通知音と限られるため、アプリ内の音やアラーム音など、設定の範囲外の音は鳴るようになっています。

他の音の大きさを調整したいときは「着信音とバイブレーション」で、通知ごとに設定したいときは「サイレント モード」で、マナーモードよりも詳しい設定を行えます。次項から詳しく紹介しますので、ご参考にしてください。

※上記は Google Pixel を例に紹介しています。メーカーや機種によって、音の名称や制御範囲が異なる場合があります。詳しくはメーカーのサポートサイトをご確認ください。

マナーモードで音が鳴ってしまったのはなぜ?

音楽再生や電話の音量などを個別に設定する方法

先ほど紹介した音量ボタンで細かい音量の調節ができます。音量ボタンを押すと、まずは音量調節のスライダーが表示されます。このスライダーを動かすことで音量が変更されます。何も音が出ていないときに操作すると、メディア(音楽や動画、ゲームなどのアプリの音)の音量が変更されます。

音量調節のスライダー

また、その他アイコン(︙)をタップすると、[メディアの音量]、[通話の音量]、[着信音と通知の音量]、[アラームの音量] の 4 つを変更できます。状況ごとに音量を設定したい方に役立つでしょう。

状況ごとに音量調節ができる画面

また、設定アプリからも同様の設定ができます。設定画面を開く手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開きます
  2. [着信音とバイブレーション] をタップします

設定アプリからはこのほかにも、着信時や通知時など場面別にバイブレーションの大きさを変更する設定や、通知音の種類の変更などができます。また、お好みの通知音を設定することもできるので、ぜひお試しください。

音楽再生や電話の音量などを個別に設定する方法

より詳細な設定ができるサイレント モード

サイレント モードは、音だけでなくバイブレーションや視覚的な通知も止められる設定で、任意の通知を許可するなどの細かい変更ができます。スマホから音が出るのを防ぎたい方にはもちろん、通知をカスタマイズしたい方に役立つでしょう。

「基本的にはマナーモードがいいけれど、仕事先の電話は通知してほしい」「集中したいから通知音を切りたいけれど、チャットアプリだけは音が鳴ってほしい」のような、ご自身の使い方に合わせた細かい設定ができるからです。ここからは、サイレント モードの設定方法やカスタマイズ方法を紹介します。

より詳細な設定ができるサイレント モード

サイレント モードの設定方法

クイック設定から、サイレント モードをワンタップで設定できます。クイック設定の呼び出し方とサイレント モードの設定方法は以下のとおりです。

  1. 画面を上部から下部へスワイプ(指で画面をなぞる操作)し、クイック設定を呼び出します
  2. [サイレント モード] をタップしてオンオフを切り替えます(画像はオンの状態です)サイレント モードをオンにした画面

※サイレント モードでも、重要な通知は表示されます。たとえば、システムのセキュリティに関する通知はブロックできません。

特定の通知の許可とブロックを設定する

サイレントモードでは、特定の人物からの着信音や、指定のアプリの通知だけを許可するなど、柔軟な設定ができます。

[人物]、[アプリ]、[アラームとその他の割り込み] の 3 つの項目を設定でき、設定アプリの [着信音とバイブレーション] → [サイレント モード] を順にタップするか、あるいはクイック設定を開いて [サイレントモード] を長押しで表示された「サイレント モード」から行えます。

サイレントモードの設定画面

[人物] では、割り込み可能な会話とユーザーを設定できます。割り込み可能なユーザーでは、通話とメッセージの通知を、連絡先ごとに許可できます。

また、[アプリ] では割り込み可能なアプリを個別に設定できるほか、[アラームとその他の割り込み] では [アラーム]、[メディア サウンド]、[タッチ操作音]、[リマインダー]、[カレンダーの予定] の割り込みが可能です。

反対に、割り込みを許可したくない(ブロックしたい)場合は、オフにすれば通知がこなくなります。

睡眠中や仕事中などに通知がこないよう設定する

サイレント モードは、決められた時間になると自動でオンにする設定ができます。曜日ごとで繰り返すなどの設定もできるので、消音し忘れを防ぐのに役立つでしょう。

「マナーモードを設定し忘れがちで、よく音が鳴ってしまう」「平日は仕事の間をマナーモードに設定したいから、一括で設定できたら楽だな」という方にぴったりの設定方法ではないでしょうか。

あらかじめ時間を設定する手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリの [着信音とバイブレーション] → [サイレント モード] を順にタップ、あるいはクイック設定を開いて [サイレント モード] を長押しすると、サイレント モードの設定が表示されます
  2. [スケジュール] をタップすると、[睡眠中]、[予定]、[ゲーム] などのスケジュール名のリストが表示されます
  3. スケジュールをカスタマイズするときは、スケジュール名の横にある設定アイコン(歯車マーク)をタップします[スケジュール] の一覧画面
  4. スケジュールの詳細が表示され、[曜日]、[開始時間]、[終了時間] などをカスタマイズできます各スケジュールの詳細画面
  5. [このスケジュールを使用] をタップすると、スケジュールに従ってサイレント モードがオンになります

サイレントモードをいつまで続けるか設定する

サイレント モードをいつまで継続させるかを、あらかじめ設定できます。クイック設定でサイレント モードをオンにするとき、継続時間を都度確認する設定も可能なので、変則的なスケジュールでも利用しやすいでしょう。設定の手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリの [着信音とバイブレーション] → [サイレント モード] を順にタップ、あるいはクイック設定を開いて [サイレント モード] を長押しすると、サイレント モードの設定が表示されます
  2. [クイック設定の持続時間] をタップし、[OFFにするまで]、[1時間]、[毎回確認] から選択し([1時間] の項目は 1 時間単位で 12 時間まで設定可能)、[OK] をタップすれば設定完了です[クイック設定の持続時間] の画面

マナーモードを使いこなして、より扱いやすく

マナーモードは音量ボタンを押すなど、簡単な操作で設定できます。メディアやアラームの音量など、マナーモードの範囲外の音量調節をしたい場合は「着信音とバイブレーション」の設定が役立ちます。

サイレント モードではマナーモードよりも詳細に消音の設定が可能で、あらかじめオンオフを設定できるため、うっかり設定し忘れて音が鳴ってしまうといったアクシデントを防げるでしょう。仕事中や睡眠中など、シーンに応じた設定も可能です。

マナーモードなどの消音機能や設定を自分仕様にカスタマイズして、もっと快適にスマホを使ってみませんか。

※本記事で紹介した内容は、Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

※本記事で紹介した内容は、執筆時(2022 年 8 月)のものです。

前の記事

ゲーム用コントローラを Android スマホで使おう 種類や選び方を紹介

ゲーム用コントローラを Android スマホで使おう 種類や選び方を紹介

Android アクセサリ 2022.10.18

次の記事

Android スマホのバックグラウンド通信とは? 通信量を節約する方法も紹介

Android スマホのバックグラウンド通信とは? 通信量を節約する方法も紹介

Android 機能 2022.10.18