動画編集アプリはどう選ぶ? Android スマホ一つで動画編集を始めてみよう

Android アプリ 2022.10.18
動画編集アプリはどう選ぶ? Android スマホ一つで動画編集を始めてみよう

自分で撮影した動画を編集して YouTube や SNS に投稿したいけれど、パソコンでの動画編集はハードルが高い。スマホの動画編集アプリはたくさんありすぎて何を使えばいいか迷う…。このように、スマホの動画編集アプリが気になっているけれど、なかなか動画編集を始められない方もいるのではないでしょうか。本記事ではそのような方に向けて、動画編集アプリの概要や選び方、編集に役立つアプリ、スマホのカメラ機能などを紹介します。

動画編集アプリとは?

動画編集アプリとは、動画や写真などを組み合わせて編集し、オリジナルの映像作品を作れるアプリのことです。

動画のサイズ変更やカット、色合いの調整などができます。その他にも、アプリによっては BGM や字幕、場面切り替えのエフェクトを追加するといった、より幅広い動画編集も可能です。

スマホの動画編集アプリを使えば、撮影から編集、アプリによっては SNS 投稿までをスマホのみで完結できます。どこでも思い立った時に編集できるので、出先で撮った動画を帰りの電車で編集して SNS でシェア、という使い方も可能です。

また、指で操作するため画面がシンプルで、直感的に操作できます。これから動画編集を始める方やまずは試しにやってみたい方にぴったりではないでしょうか。

動画編集アプリとは?

動画編集アプリの選び方

Google Play ストアには多くの動画編集アプリがあります。どれをインストールするか迷うこともあるでしょう。ここからは、動画編集アプリを選ぶポイントを 5 つ紹介します。

動画編集アプリの選び方

動画編集の目的

動画編集の目的は、SNS へシェアするため、ホームビデオをスクリーンで楽しむためなど、さまざまです。

たとえば YouTube ショート動画のような、サイズが横長ではなく、再生時間が数十秒と短い作品を投稿するためなら、サイズが縦長の動画を作りやすいアプリや、インパクトの強いエフェクトが豊富なアプリが良いかもしれません。

SNS との連携

もし作った動画を SNS へ投稿するつもりなら、動画編集アプリと SNS が連携できるか確認すると良いでしょう。SNS アカウントと連携して、編集から投稿まで行えるアプリもあります。SNS へ投稿するまでの手順がシンプルになり、より発信しやすくなるかもしれません。

編集機能の多様さ

字幕のフォントや BGM、場面切り替えエフェクト、モザイク加工など、動画をより魅力的に彩る機能はさまざまです。これらの機能をどこまで求めるかも、動画編集アプリを選ぶ基準になるでしょう。

編集環境

アプリの動画編集環境や仕様が自分の作りたい動画に合っているかも、重要なポイントです。

たとえばデータの保存容量が十分かどうかや、編集可能な動画の長さが作成したい動画に合うか、動画の投稿先が対応しているファイル形式で保存できるかなどをチェックしましょう。

有料か無料か

アプリを有料で使うのか、無料で使うのかも選び方の一つです。予算に応じて選択すると良いでしょう。有料アプリの購入には、アプリ自体を購入する方式と、アプリ内でプランを購入する方式があります。

有料か無料かの違いは先に紹介した編集機能や環境に影響することもあります。たとえば、有料のアプリやプランは無料版と比較して魅力的なエフェクトなどが多い傾向です。また、動画に埋め込まれたアプリのロゴを取り外すなど、より自由度の高い編集ができる場合もあります。

動画編集に役立つアプリを紹介

ここからは、動画編集に使えるアプリを 3 つ紹介します。また、動画編集専用ではないアプリでも、色合いの調整やカット、画面録画などができるものもあるので、あわせて活用すると動画編集の幅が広がるでしょう。自分の作りたい動画に合うアプリを選ぶのがポイントです。

動画編集に役立つアプリを紹介

Google フォト

Google フォトは写真や動画の管理アプリです。動画のカットや回転、音声のミュート、フィルタや効果による色の調整など、さまざまな編集を行えます。

Google フォトでの動画編集について詳しくは以下の記事をお読みください。

Android スマホで動画を編集できる Google フォトのエディタを使ってスマホ ライフを楽しもう

PowerDirector

PowerDirector※1 は、動画編集から SNS 投稿までを行えるアプリです。SNS の画面に合わせたサイズの動画を作成できるほかテキストや背景、ステッカーなど、さまざまなエフェクトを組み合わせることが可能です。

アプリの使い方を説明するチュートリアル動画も視聴できるため、初めて動画アプリを使う方も迷わず操作できるでしょう。

※このアプリは Google Play エディターのおすすめからピックアップしています。

Mobizenスクリーンレコーダー

Mobizenスクリーンレコーダー※1 は画面録画から動画編集までをスマホで行えるアプリです。録画した画面に BGM を付けたり、前後に動画を追加したりできます。

たとえば仕事で使うアプリを社内向けに動画で説明したいときや、ゲームのプレイ画面を友人とシェアしたいときなどに利用できるでしょう。

※このアプリは Google Play エディターのおすすめからピックアップしています。

※アプリやサービスによっては、利用条件で撮影・録画を禁じられている場合があります。

他にも、Google Play ストアにはたくさんの動画編集アプリがあります。ぜひ、自分に合うアプリを見つけてみてください。

スマホのカメラを使いこなして魅力的な動画に

魅力的な動画を作るには、元となる映像の質も重要でしょう。ここからは、Google Pixel 6 を例に動画撮影に役立つカメラ機能を紹介します。さまざまなモードや設定を使いこなして、素敵な動画を撮影しましょう。

※紹介する機能は、Google Pixel 6 を例にしています。ご自身のスマホのカメラ機能については、メーカーのホームページ等をご確認ください。

スマホのカメラを使いこなして魅力的な動画に

動画の撮影

カメラアプリの [動画] をタップすると動画の撮影ができます。レンズの倍率は3種類から変更可能です。また、カメラの設定から、動画の解像度も変更できます。

動画の手ぶれ補正も行えます。遠くを撮る場合や動きが大きい場合など撮影状況に合わせて手ぶれ補正のタイプを選択できます。

スローモーション動画の撮影

カメラアプリでは、スローモーション動画を撮影することもできます。また、スローにする速度も選択できます。素早い動きのものを撮影するときは、最も遅い速度設定にすると良いでしょう。

タイムラプス動画の撮影

タイムラプス動画も撮影できます。タイムラプスとは、長時間の撮影を早送りのように再生する動画のことです。

夕陽が沈む様子など、動きが遅いものをコマ送りで撮影することで、ダイナミックな印象の動画をつくれます。タイムラプス動画では再生時の速度も選択できます。

Android スマホのカメラについては、以下の記事でも詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

Android スマホをカメラで選びたい!カメラスペックの見方

動画編集アプリであなたも素敵な映像を作ろう

スマホの動画編集アプリは直観的に操作しやすいものが多く、SNS に投稿するようなクオリティの動画を手軽に作成できます。

どのアプリを使うか迷うときは、ご自身の利用方法に合うかを基準に選ぶと良いでしょう。Android スマホの最新機種はカメラ性能が向上していて、動画撮影にも活用しやすいはずです。ぜひあなたもアプリをインストールして、動画編集を始めてみませんか。

※1 サードパーティのデベロッパーによって作成されたアプリのサポートや動作については、そのデベロッパーが責任を負います。

※本記事で紹介した内容は、Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

※本記事で紹介した内容は、執筆時(2022 年 8 月)のものです。

前の記事

Android スマホで PDF 変換するには? メリットや活用方法も解説

Android スマホで PDF 変換するには? メリットや活用方法も解説

Android アプリ 2022.10.18

次の記事

地震速報を Android スマホで受け取るには?  設定方法や通知のカスタマイズを紹介

地震速報を Android スマホで受け取るには? 設定方法や通知のカスタマイズを紹介

Android 機能 2022.10.18