電子書籍はどう使う? Android スマホを本棚に

Android アプリ 2022.10.18
電子書籍はどう使う? Android スマホを本棚に

お手持ちのデバイスで本が読める電子書籍。便利そうだけれど、自分に合っているか分からない。電子書籍のサービスが多すぎて、どれに登録すればいいか迷う…。というように、電子書籍に興味はあるものの、なかなか使い始められない人もいるのではないでしょうか。本記事では電子書籍の概要や、紙の書籍と比較したメリット、デメリット、一般的なサービスの利用方法や選び方、おすすめの電子書籍サービスなどを紹介します。

電子書籍とは

電子書籍とは、小説や実用書、漫画、雑誌などの書籍を電子データ化し、スマホやタブレットなどのデバイス上で読めるようにした読み物のことを指します。

また、電子書籍サービスとは、関連したサービスの総称で別の呼び方をする場合もあります。現在はさまざまな電子書籍サービスが展開されており、それに伴って読める本の数やジャンルも増えています。

電子書籍とは

電子書籍のメリット、デメリット

紙の書籍と比較すると、電子書籍にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。双方を知っておくと、利用の検討に役立つでしょう。

電子書籍のメリット、デメリット

電子書籍のメリット

電子書籍の主なメリットは以下です。

  • 在庫切れがない
  • データなので重量がなく何冊も持ち歩ける
  • 場所を取らず劣化もしないため保管に手間がかからない
  • 検索機能が使える
  • マーカーやしおりなどの機能が使える
  • 紙の書籍よりも安く購入できることがある

電子書籍のデメリット

電子書籍の主なデメリットは以下です。

  • 目の負担になる
  • スマホなどデバイスのバッテリーを消費する
  • 視覚的なページ量や紙の質感がないため紙好きの人には物足りなく感じる場合がある
  • サービスが終了すると購入した書籍を読めなくなる可能性がある

電子書籍を使うには?

電子書籍を利用するか悩んでいる人のなかには「専用のデバイスが必要なのでは?」「どこでどうやって購入できるの?」など、心配や疑問を持つ人もいるかもしれません。ここからは、電子書籍を読むためのデバイスや電子書籍の購入方法などを解説します。

電子書籍を使うには?

どのデバイスを使えばいい?

電子書籍を読むには、パソコン、タブレット、スマホなどが利用できます。電子書籍専用のデバイスもありますが、手持ちのデバイスで電子書籍を読む方が多いようです。

どのデバイスで利用するか悩んでいる場合は、スマホを選んでみてはいかがでしょうか。スマホであれば、外出先や通勤の移動時間など、さまざまなシーンで電子書籍を利用できるでしょう。

また、サービスによっては複数のデバイスからログインできるものもあります。その場合は手持ちのデバイスを複数試してみて、使い勝手の良いものを利用するのも一つの方法です。

どこで売っている?

電子書籍はインターネットで購入やレンタルが可能です。ネットショッピングの経験があれば、同じような操作で購入できるでしょう。

また、電子書籍アプリをダウンロードすると、アプリ上で直接購入できる場合もあります。定額で読み放題のサブスクリプション サービスや、書籍ごとに都度購入するサービスなど、購入方法もさまざまです。

支払い方法は?

電子書籍の主な支払い方法は、クレジットカード決済や電子マネーなどのキャッシュレス決済です。

たとえば Google Play ブックスという電子書籍サービスでは、

  • クレジットカードまたはデビットカード
  • キャリア決済
  • Google Play ギフトカード
  • 一部の電子マネー

などが利用できます。

電子書籍サービスは営業時間などの制限がないため、インターネット環境があれば時間を気にせず購入できます。読みたいものをすぐ買えるのも、電子書籍のメリットでしょう。

スマホでのキャッシュレス決済について知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

スマホでのキャッシュレス決済が便利。そのメリット、デメリットなどを解説

※サービスのメンテナンス期間などは、利用できない可能性があります。

アプリは必要?

すべての電子書籍サービスでアプリが必要なわけではありません。普段、検索などで利用するブラウザから電子書籍を読める場合もあります。アプリをダウンロードせずに読めるので手軽に利用できます。

一方、アプリでは、アプリ独自の機能が使える場合もあります。たとえば、アプリ内に電子書籍をダウンロードする機能があれば、インターネット接続がないオフライン環境でも読書を楽しめるでしょう。

アプリならではの使い勝手の良さもあるため、専用アプリがあるかどうかも選ぶ基準の一つにすると良いでしょう。

電子書籍サービスの選び方

電子書籍が利用できるサービスはたくさんあるため、どのサービスが自分に合うかわからず、迷うかもしれません。そこで、電子書籍サービスを選ぶポイントを紹介します。

電子書籍サービスの選び方

購入方法

電子書籍サービスの購入方法は主に 2 種類あります。書籍ごとの都度購入形式と、毎月一定額を支払って読み放題になるサブスクリプション形式です。

どちらが良いかは、ご自身の読書傾向に合わせて選ぶと良いでしょう。たとえば、たくさん本を読む人や、漫画の一気読みをしたい人はサブスクリプション形式が、1 冊を時間をかけてじっくり読む人や同じ本を繰り返し読みたい人は都度購入形式が適しているでしょう。

ラインナップ

商品のラインナップは、電子書籍サービスによって異なることもあります。漫画に特化したサービスや、雑誌を多く取り揃えているサービスもあるので、読みたいジャンルが決まっている場合や、必ず買いたい書籍がある場合は、事前に電子書籍サービスのラインナップを調べておくと良いでしょう。

ダウンロードの可否

オフラインでも書籍が読みたい場合は、ダウンロード可能な電子書籍サービスがおすすめです。

データ通信量が気になる場合は、Wi-Fi 環境であらかじめ電子書籍をダウンロードしておけば、通信量を抑えられます。事前にダウンロードしておくと読み込み時間も少なくなり、快適に読書を楽しめるでしょう。

Google Play ブックスで電子書籍を読もう!

電子書籍サービスは、具体的にはどのように利用するのでしょうか。ここからは、Google の電子書籍アプリ、Google Play ブックスの特徴や使い方を紹介します。

Google Play ブックスで電子書籍を読もう!

Google Play ブックスとは

Google Play ブックスとは、漫画やライトノベルを含む電子書籍やオーディオ ブックを購入、閲覧、視聴できるサービスです。Google Play ストアで購入した書籍や漫画も、Google Play ブックスで読めます。スマホではこちらからアプリを入手できます。

Google Play ブックスは書籍ごとの都度購入形式です。支払金額に応じて Google Play Points というポイントがたまり、電子書籍などの購入に利用できます。また、時期によっては期間限定のセールが行われ、書店で買うよりも安く購入できることもあります。

漫画など無料コンテンツがある

Google Play ブックスでは、無料の漫画や電子書籍、オーディオ ブックをダウンロードやレンタルできます。期間限定の無料漫画などもあるため、ラインナップをチェックするのが楽しみになるかもしれません。

無料の電子書籍の入手方法は以下のとおりです。

  1. Google Play ブックスを開きます
  2. 画面右下の [ショップ] をタップします
  3. [マンガ]、[電子書籍]、[オーディオ ブック] からお好みのジャンルを選択します
  4. ランキングの下のメニューから [無料] をタップします
  5. 読みたい作品をタップします
  6. [無料で入手] をタップすると作品がライブラリに保存されます

また、4. で [特価情報] をタップすると、割引中の作品を購入することもできます。気になっているマンガや電子書籍などがないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

オーディオ ブックも楽しめる

Google Play ブックスでは、読む書籍だけではなく、聴く書籍であるオーディオ ブックも利用できます。家事中や移動中などにも書籍を読むような体験ができるでしょう。

オーディオ ブックは 30 秒ごとに早送りや巻き戻しができ、さらに再生速度の変更も可能です。しおり機能もあるので、気に入った部分や聞き返したい部分などを後から振り返れます。

オーディオ ブックの他にも、[聴きながら読書機能] 付きの児童書があります。書籍の [再生] をタップすると、児童書のナレーションが流れます。子どもへの読み聞かせなどに便利でしょう。

Google Play の残高を利用できる

Google Play の残高とは、アプリやゲーム、電子書籍を含む Google Play ストア内のデジタル コンテンツを購入できるクレジットです。Google Play ギフトカードや現金などで残高をチャージできます。

また、電子書籍などを購入すると受け取る Google Play Points も、Google Play の残高に交換できます。Google Play Points に登録後 1 週間は受け取るポイントが増えたり、1 年間で受け取ったポイントに応じてステータスが変わったりと、さまざまな特典があります。

Google Play Points の登録画面

Google Play Points について、詳しくはヘルプページをご覧ください。

電子書籍ならではの便利な機能

Google Play ブックスには、電子書籍ならではの機能があります。これらの機能を利用してより快適な読書体験を楽しみましょう。

【吹き出しズーム機能】

漫画を読みやすくするために、セリフの吹き出しを拡大できる機能です。漫画の画面全体も拡大できます。この機能は対応コミックスのみで利用できます。

【シリーズを自動で定期購入】

シリーズの新刊を自動的に購入できるサービスです。書籍によっては割引が受けられることもあります。

【オフラインで閲覧可能】

あらかじめ書籍をダウンロードしておくことで、オフラインでも書籍を読んだり、オーディオ ブックを聞いたりできます。また、ダウンロード先に SD カードを選択できるため、SD カードに保存すればスマホの容量を圧迫しません。

電子書籍をスマホに入れて、いつでも本棚を持ち歩こう

電子書籍は、普段使っているデバイスが本になる便利なものです。電子書籍を提供するサービスは多数あるため、サブスクリプション形式や都度購入形式、利用スタイル、漫画や雑誌などの好みでサービスを選ぶと良いでしょう。

Google Play ブックスでは、快適な読書環境を楽しみつつ、お得に書籍を購入できます。まずは無料のコンテンツを読んでみても良いかもしれません。新しい読書体験を楽しみたい人は、電子書籍を取り入れてみてはいかがでしょうか。

※本記事で紹介した内容は、Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

※本記事で紹介した内容は、執筆時(2022 年 8 月)のものです。

前の記事

スマホの買い替え時期はいつ? 機種変更時の選び方や注意点も解説

スマホの買い替え時期はいつ? 機種変更時の選び方や注意点も解説

Android 機種変更 2022.10.18

次の記事

渋滞情報を調べるには、Google 検索やマップが便利

渋滞情報を調べるには、Google 検索やマップが便利

Android 便利機能 2022.10.18