Android スマホで漢字を手書き入力できる? アプリや設定方法を紹介

Android アプリ 2022.10.18
Android スマホで漢字を手書き入力できる? アプリや設定方法を紹介

うろ覚えの漢字をどうやって書くか調べたい。珍しい漢字の苗字だからスマホで入力しようとすると時間がかかる…。このように、スマホで漢字入力する際にお困りのことはありませんか。Android スマホでは、キーボード アプリによっては漢字の一部を書くだけで予測変換をしたり、手書きで入力した文字の辞書登録ができたりと、便利な使い方ができます。本記事では、手書き入力が使えるキーボード アプリ「Gboard」の設定方法や、Google 検索で手書き入力する方法、その他 Gboard の便利な機能などを紹介します。

Android スマホで手書き入力する方法

Android スマホで漢字を手書き入力する方法は 2 つあります。キーボード アプリの Gboard で手書き入力キーボードを設定する方法と、Google 検索の設定を変更して手書きで検索バーに入力する方法です。手書き入力をいつも使いたい人は Gboard を、今すぐに漢字を手書き入力して検索したい人は Google 検索の方法を設定するとよいでしょう。

ここからは、2 つの手書き入力の手順について、スクリーンショット付きで解説します。

Android スマホで手書き入力する方法

Gboard で手書き入力のキーボードを設定する

Gboard は Google が提供するキーボード アプリで、指やタッチペンを使って手書き入力ができ、文字を入力するときにいつでも呼び出せます。Android スマホの機種によってはあらかじめインストールされていますが、お手持ちの Android スマホに見当たらない場合は Google Play ストアからインストールできます。

Gboard で手書き入力キーボードを設定する手順は以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開きます
  2. [システム] をタップします
  3. [言語と入力] をタップします
  4. [画面キーボード] をタップします
  5. [Gboard] をタップすると設定に切り替わります
  6. [言語] をタップします
  7. [キーボードを追加] をタップします
  8. 「言語の候補」 で [日本語] をタップします
  9. [手書き] キーボードを選択し、[完了] をタップします
  10.  [手書き] キーボードを選択する画面
「キーボードの言語とレイアウト」に追加されていたら設定完了です

また、設定した手書きキーボードに切り替える手順は以下のとおりです。

  1. 文字入力できるアプリなどでキーボードを表示させます
  2. [日本語] キーを長押しします([日本語] という文字がない場合は [あa1] をタップしてキーボードを切り替えてください)キーボードの [日本語] キーが表示された画面
キーボードの変更画面
  3. 「キーボードの変更」から [手書き] キーボードを選択しますキーボードの変更画面
  4. 「ここに手書きで入力できます」と出てくるので、漢字を手書き入力しますキーボードの変更画面

手書き入力すると、予測変換で漢字の候補がいくつか表示されます。書き方を明確に覚えていない漢字でも、入力したい文字を選択肢から探すことができるでしょう。

Google の検索ページで手書き入力する

Google の検索ページで漢字を手書きで入力し、検索することもできます。Gboard をインストールしていないスマホで漢字を素早く検索したい場合などに便利でしょう。

Google の検索ページで手書き入力を有効にする手順は、以下のとおりです。

  1. Google のウェブページを開き、画面下の [設定] から [検索設定] をタップ、またはこちらから [検索設定] を開きますGoogle 検索のトップぺージから設定を開く画面※ Google アプリや Chrome アプリのトップページではないことにご注意ください。
  2. 「手書き入力」の [有効にする] をタップします手書き入力を有効にする画面
  3. ページ下部までスクロールし、[保存] をタップします
  4. 検索設定が保存できたことを知らせるポップアップが出てくるので、[OK] をタップして完了です

以上の手順で、画面の好きな場所で、指などを使って手書き入力できるようになります。

Google の検索ページで手書き入力する様子

文字を入力した後は、Gboard での入力と同じように漢字の候補が表示されます。また、手書き入力と通常のキーボードでの入力は、右下に表示される [g] キーをタップして切り替えられます。

通常のキーボードでの入力へ切り替えた様子

キーボード アプリ Gboard の便利な機能 4 選

Gboard では、手書き入力以外にもさまざまな機能や入力方法があります。ここでは知っておくと便利な Gboard の機能を 4 つ紹介します。

キーボード アプリ Gboard の便利な機能 4 選

単語登録機能

調べた漢字を今後も使う場合は、Gboard アプリの辞書に単語登録しておきましょう。単語登録すると、次に入力する際に、入力候補として表示されるようになります。固有名詞や難読漢字も登録できて便利ですので、利用してみてはいかがでしょうか。

Gboard アプリの辞書に単語を追加する手順は、以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開きます
  2. [システム] をタップします
  3. [言語と入力] をタップします
  4. [画面キーボード] をタップします
  5. [Gboard] をタップすると設定に切り替わります
  6. [単語リスト] をタップします
  7. 画面が切り替わるので、[単語リスト] をもう一度タップします
  8. [日本語] をタップします
  9. 追加アイコン(+)をタップします
  10. 登録したい単語とその読み方を入力します
  11. 左上にある戻るアイコン(←)をタップして登録します

※この手順の一部は、Android 7.0 以降でのみ動作します。お使いの Android スマホのバージョンをご確認ください。

音声入力機能

Gboard は音声をテキストに変換して入力する音声入力機能があります。たとえば Android スマホに向けて「こんにちは」と声を出すと、テキストで「こんにちは」と入力できます。漢字の読み方は知っているのに書き方が分からない場合や、素早くスマホにメモをしたい場合などに役立つでしょう。

音声入力をする手順は、以下のとおりです。

  1. 文字入力できるアプリなどでキーボードを表示させます
  2. キーボードの上部にあるマイクアイコンを長押しします
  3. 「お話しください」と表示されたら、入力する内容を話します

音声入力については以下の記事で詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

文章の作成や翻訳にも使える Google の「音声入力」でテキスト入力をもっと便利に

※この手順の一部は、Android 7.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください。また、一部の言語では音声入力に対応しておりません。

翻訳機能

Gboard は、入力したテキストを即時翻訳できます。たとえば、日本語で「こんにちは」と入力すると、すぐに「hello」と英語に変換されます。「道を尋ねたい」「値段を知りたい」など、外国語でどのように伝えていいか分からないときに活用できるでしょう。

即時翻訳の手順は、以下のとおりです。

  1. 文字入力できるアプリなどでキーボードを表示します
  2. キーボードの最上段にある翻訳アイコンをタップ、もし翻訳アイコンがなければその他アイコン(・・・)をタップして、下部に表示された翻訳アイコンをタップします翻訳アイコンを表示している画像
  3. 原文の言語(入力する言語)を選択するか、[言語を検出] を選択します
  4. 訳文の言語(翻訳語の言語)を選択します
  5. [翻訳したいテキストを入力してください] に原文を入力するとリアルタイムで翻訳されます

※この手順の一部は、Android 7.0 以降でのみ動作します。お使いの Android のバージョンをご確認ください。お使いのデバイスが Android Oreo(Go バージョン)を使用している場合、一部の手順が機能しないことがあります。

キーボード デザインのカスタマイズ機能

Gboard アプリでは、キーボードのデザインを変更できます。好きな写真や色などを背景に指定して、好みのデザインに変えてみましょう。カスタマイズする手順は、以下のとおりです。

  1. 設定アプリを開きます
  2. [システム] をタップし、次に [言語と入力] をタップします
  3. [画面キーボード] をタップします
  4. [Gboard] をタップすると設定に切り替わります
  5. [テーマ] をタップします
  6. お好みのテーマを選択し、[適用] をタップします(「マイテーマ」では、ご自身で保存した写真や画像などをキーボードに設定できます)

紙に手書きした漢字を調べる方法や、スマホでよく検索される漢字は?

ここからは、紙に手書きした漢字の調べ方や、よく検索される漢字を紹介します。「紙に書いてある漢字の読み方が分からない」というときは、手書きキーボードや Google 検索などで調べられますが、カメラを使った読み取り検索を使えばスピーディーに調べられるでしょう。

参考までに、よく使われるけれど読み方が分からず、たびたび検索される漢字をリストアップします。あらかじめ知っておくと便利でしょう。

紙に手書きした漢字を調べる方法や、スマホでよく検索される漢字は?

紙に手書きした漢字は Google レンズで読み取り検索

Google レンズは、スマホのカメラに映し出されたものを分析して、動植物の特定や画像検索、文章の翻訳などができるアプリです。たとえば漢字の読み方や意味を知りたいときは、調べたい文字をカメラに映すだけで検索できます。

Google レンズで読み取りやすくするポイントは、暗くない場所で読み取ることと、読み取る文字が小さ過ぎないことです。

Google レンズの詳しい内容については、以下の記事もあわせてご覧ください。

カメラで写して画像検索できる「Google レンズ」の使い方とは?

スマホで読み方のわからない難しい漢字を調べるには

実際に検索数が多い漢字は?

どのような漢字が多く調べられているのでしょうか。公益財団法人 日本漢字能力検定協会が運営する漢字・日本語検索サイト「漢字ペディア」で検索数が多かった漢字を紹介します(調査期間 2021 年下半期 7 月~12 月)。

  • 椛(もみじ)
  • 慶(よろこ・ぶ)
  • 葵(あおい)
  • 鷹(たか)
  • 葛(くず)

もし知らない漢字があれば、Gboard アプリの辞書に登録しておくとよいかもしれません。

手書き入力を活用して、検索や文章入力をもっと便利に

キーボード アプリの Gboard では手書き用のキーボードが、Google 検索では手書きで検索したい文字を入力できる設定があります。うろ覚えの漢字を思い出したいときや、読めない漢字の検索などで活用できるでしょう。

Gboard は手書き入力だけでなく、音声入力や即時翻訳など、さまざまな機能を備えているので、スマホにインストールしておくと活躍してくれるアプリの一つです。

また、Google レンズがあれば、紙に手書きされた漢字なども効率良く調べられます。お手持ちの Android スマホに Gboard と Google レンズをインストールして、使ってみてはいかがでしょうか。

※本記事で紹介した内容は、Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

※本記事で紹介した内容は、執筆時(2022 年 8 月)のものです。

前の記事

スマホで履歴書用の写真は撮影できる? 簡単きれいに撮る方法

スマホで履歴書用の写真は撮影できる? 簡単きれいに撮る方法

Android 端末 2022.10.18

次の記事

カメラで翻訳? 思わず試したくなる翻訳方法を紹介

カメラで翻訳? 思わず試したくなる翻訳方法を紹介

Android 便利機能 2022.10.18