Android のカメラには位置情報が使われる?設定でオン、オフする方法

Android 便利機能 2022.03.25

Android デバイスのカメラで写真を撮影すると場所の情報が写真に記録され、マップ上で撮影場所を特定できます。そのため、写真を撮った場所を思い出したいときに役立ちます。一方、どこで撮った写真かがわかってしまうため、位置情報を記録したくないという方もいるかもしれません。本記事では、Android デバイスのカメラの位置情報をオン、オフにする方法や、写真データの位置情報を確認する方法を解説します。

Android のカメラで使われる位置情報とは

Android スマホやタブレットなどのデバイスでは位置情報を取得できます。取得された情報は、デバイスのおおよその位置を特定し、経路の交通状況予測や、現在地の近くにあるお店の検索などに活用されます。
また、位置情報は記録として残されることもあり、たとえば Android デバイスのカメラで写真を撮った際には、写真に撮影場所が付与されます。つまり、位置情報を取得する機能をオンにした状態でカメラを使うことで、「どこで撮った写真なのか」を後から確認することが可能になります。

撮影した写真データの位置情報でできること

Android デバイスで撮影した写真に記録された位置情報では何ができるのでしょうか。ここでは、2つの用途についてみていきましょう。

※Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

マップで撮影場所を確認できる

写真に位置情報が記録されていると、マップビューで撮影場所を確認できます。

【マップビューを探す手順】

  1. [検索] タブをタップします。
  2. 写真の情報にある地図をタップします。
  3. メインの写真グリッドの日付ヘッダーで場所の名前をタップします。

【マップビューを使用する方法】

グリッドには、ライブラリ内の写真(保存済みの共有写真を含む)のうち、表示されている地図の範囲で撮影した写真が表示されます。

  • 地図の表示範囲を変更する方法: 地図をピンチしてズームします。
  • 表示されている地図の範囲で撮影した写真を表示する方法: グリッドをスクロールするか、ヒートマップをタップします。

マップのタイムラインで写真の履歴を確認できる

タイムラインで撮影した写真の履歴を確認できます。ただし、タイムラインを利用するには、「タイムライン」を表示する設定にしておく必要があります。

【タイムラインを設定する手順】

  1. 地図表示で「その他アイコン」をタップします。
  2. [非公開のタイムラインの表示] をオンまたはオフにします。

カメラで自動的に追加された位置情報は削除できない

位置情報を利用して撮影した写真から、位置情報を削除することはできません。そのため、撮影した場所を残したくない場合には、カメラで利用する位置情報の機能をオフにしておく必要があります。
たとえば、プライベートで撮影した写真には位置情報を記録しておき、仕事で撮影する写真には撮影場所を残さないようにしたい場合には、以下で紹介している位置情報の設定方法を把握しておくとよいでしょう。

位置情報をオン、オフ設定する方法

Android のカメラを使う際には、撮影した写真に位置情報を含めるかどうかを設定で変更できます。設定については、「カメラの位置情報をオン、オフする」方法と、「デバイス自体の位置情報をオン、オフする」方法があります。
※方法や手順については、Android のバージョンやデバイスの種類によって異なる場合があります。

Android のカメラの位置情報をオン、オフ設定する方法

カメラアプリの位置情報を設定することで、デバイスにインストールされているその他のアプリに影響を与えることなく位置情報のオン、オフを設定できます。

手順は以下のとおりです。

  1. Android デバイスで「カメラアプリ」の設定を開きます。
  2. 位置情報の設定をオンまたはオフにします。

カメラアプリの設定手順については、メーカーによって異なる場合がありますので、あわせて「Google フォトヘルプ」もご確認ください。

Android デバイス自体の位置情報をオン、オフする方法

Android デバイス自体の位置情報を設定することで、カメラ使用時の位置情報利用を制御することが可能です。
たとえば、位置情報をオフにしておくと、カメラアプリで撮影した写真に撮影場所の情報は記録されません。
Android デバイス自体の位置情報を設定する手順は以下のとおりです。

  1. 画面の上部から下にスワイプします。
  2. 「位置情報アイコン」を長押しします。
    • 「位置情報アイコン」が見つからない場合は、以下のどちらかを試してみてください。
      a. 「編集アイコン」または「設定アイコン」をタップします。
      b. 「位置情報アイコン」をクイック設定にドラッグします。

写真の撮影場所を管理する方法

位置情報をオフにすると、カメラアプリで撮った写真には撮影場所の情報が記録されません。しかし、写真に撮影場所を追加したり、Google フォトが追加した「撮影場所(推定)」を編集したりできます。「撮影場所(推定)」とは、保存された写真やロケーション履歴から、位置情報が付与されていない写真の撮影場所を推定するものです。
※手順については、Android のバージョンやデバイスの種類によって異なる場合があります。

【撮影場所を追加する手順】

  1. Android スマホまたはタブレットで「Google フォト アプリ」を開きます。
  2. 写真または動画を開きます。
  3. 「その他アイコン」→ 「撮影場所を追加アイコン」をタップします。
    • 最近撮影した場所から撮影場所を追加あるいは選択します。

【写真の撮影場所を推定する機能を使う手順】

  1. Android スマホまたはタブレットで「Google フォト アプリ」を開きます。
  2. 右上にある「アカウントのプロフィール写真」または「イニシャル」→「フォトの設定アイコン」→ [撮影場所] → [撮影場所の情報源] をタップします。
  3. [位置情報のない写真の撮影場所を推定する] をオンまたはオフにします。

【撮影場所(推定)を編集、削除する手順】

  1. Android スマホまたはタブレットで「Google フォト アプリ」を開きます。
  2. 写真または動画を開きます。
  3. 「その他アイコン」→「編集アイコン」をタップします。
    • 最近撮影した場所から撮影場所を追加あるいは選択します。
    • 「撮影場所(推定)」を削除するには、[撮影場所を削除] をタップします。

また、複数の写真の撮影場所を編集することも可能です。

  1. Android スマホまたはタブレットで「Google フォト アプリ」を開きます。
  2. 撮影場所を編集する写真を選択します。
  3. 「その他アイコン」→ [撮影場所を編集] をタップします。
    • 撮影場所を追加または選択します。
    • 撮影場所を削除するには、[撮影場所を削除] をタップします。

カメラの位置情報をオン、オフする方法を覚えておこう

Android スマホやタブレットなどのデバイスで撮影した写真には、位置情報が記録できます。そのため、写真の撮影場所をあとから確認することができるのです。写真に位置情報が不要な方は、位置情報の設定方法を覚えておくと便利でしょう。

※本記事で紹介した内容は、一部ご利用になれないデバイスなどもあります。本製品またはその一部の機能などを利用できるかどうかは OEM およびデバイス メーカーによって異なります。

前の記事

Android デバイスのリセット方法と知っておきたい事前準備

Android 便利機能 2022.03.25

次の記事

Android のバッテリーが早い場合の原因は?減りを抑える方法を解説

Android 便利機能 2022.03.25