Android スマホの紛失時の対応方法や日頃から備えておきたいこととは?

Android 機能 2022.02.28

Android スマホを万が一紛失してしまったらどうしよう……と一度は心配になったことがある方もいるのではないでしょうか。
Android スマホには、紛失時にデバイスの位置を特定したり、セキュリティを高めたりする機能が搭載されています。Android スマホを紛失したときに困らないために知っておきたいことなどを紹介します。

Android スマホなどの紛失時に役立つ機能

Android スマホに個人情報やクレジットカードなどの重要な情報を保存している方も多いことでしょう。そのスマホを紛失してしまったときのために Android スマホには役立つ機能が搭載されています。

紛失した Android スマホの位置を特定できる

Android スマホを紛失したとき、事前に準備をしていれば、紛失したおおよその位置を特定できます。位置を特定するには、まず「デバイスを探す」にアクセスし、紛失したスマホで使っている Google アカウントにログインします。もしひとつの Google アカウントで複数の Android デバイスを使っているときは、サイトの上部で紛失したデバイスを選択します。ログインすると、地図上に紛失したスマホの位置が表示され、おおよその位置を特定できます。また、スマホから音を鳴らすことも可能です。

なお、充電が切れていると切れる直前の位置が表示されます。電車やバス、タクシーなどで移動中に紛失し、充電が切れると特定できた位置にスマホがあるとは限りません。紛失に気づいたときはできるだけ早く、位置を特定することが重要です。

紛失した Android デバイスをロックする

紛失した Android スマホにロックをかけていないと、誰かに操作されてしまうリスクがあります。このような事態を避ける方法のひとつが、遠隔地からロックをかけることです。ロックをかける方法としては、まず「デバイスを探す」にアクセスし、紛失したスマホと同じ Google アカウントにログインした後、PIN ・パターン・パスワードを設定します。
また、「デバイスを探す」の画面からは、ロック画面にメッセージや連絡先の電話番号の表示もできますのでスマホを見つけてくれた人が連絡してくれる可能性を高められるでしょう。

紛失した Android デバイスのデータを消去する

紛失したスマホが明らかに誰かの手に渡っていたり、位置特定もできなかったりする場合は、セキュリティ保護を第一に考えデータを消去することもできます。データを消去するには、まず「デバイスを探す」にアクセスして、紛失したスマホと同じ Google アカウントにログインします。ログイン後にサイト上からスマホのデータ消去が可能です。

Android デバイス紛失時の機能を使用するときの注意点

Android スマホを紛失したときに、紛失位置の特定やデバイスのロック、データ消去などが可能ですが、これらの機能を使うには以下の注意点があります。

紛失時に有効な機能を使うには事前に Android スマホの設定が必要

Android スマホを紛失したときに位置の特定、画面ロック、データの消去などを行うには、以下の条件を満たしている必要があります。条件を満たしていないと紛失時に有効な機能が使えません。万が一に備えて、使えるように設定しておきましょう。

  • 電源がオンになっている
  • Google アカウントにログインしている
  • モバイルデータ、または Wi-Fi に接続している
  • Google Play の設定画面で、マイデバイスの「表示」がオンになっている
  • 位置情報がオンになっている
  • 「デバイスを探す」がオンになっている

Android スマホの充電が切れると紛失時に役立つ機能は使えなくなる

Android スマホを紛失したときに電源がオンの状態であっても、充電がなくなると機能が使えなくなります。紛失に気づいたら、充電が切れる前に「デバイスを探す」にアクセスし、必要な行動を行いましょう。

データ消去については特に注意が必要

データの消去については以下の点に注意が必要です。

  • デバイスに SD カードを挿入していると、削除機能を使ってもそのデータは削除されないことがある
  • データ消去後は Google アカウントからログアウトされるため、紛失したスマホの位置情報がわからなくなる
  • データ消去後に発見できた場合、再度使用するには Google アカウントのパスワードが必要になる
    データ消去は、あくまでもスマホの内部ストレージのデータが削除されるだけなので、外部ストレージのSDカードのデータ削除はできない場合があります。また、データ消去後は、位置の特定ができなくなるため、データ消去は手元に戻ってくる可能性が低いときにのみ行うようにしたほうがよいかもしれません。データの消去は、重要なデータを守ることを優先するか、紛失したスマホを最後まで探すことを優先するかを慎重に判断して決めてください。

Android デバイス紛失時における状況別の対応方法

Android デバイスを紛失したときの対応にはいくつかの方法があります。紛失時の状況を例に、おすすめの対応方法を紹介します。参考にして最適と思われる方法を選択してください。

家の中で紛失したと考えられる場合

家の中で紛失したことが明らかなときや、位置情報で特定できた位置が自宅の周辺であったときは、「音を鳴らす」機能を使って探すのがおすすめです。紛失したスマホがマナーモードやバイブレーションモードに設定されていても最大音量で着信音を 5 分間鳴らせます。音を頼りに探すことで見つけられる可能性が高いでしょう。

外出時に紛失したと考えられる場合

外出時などで紛失したと考えられるときは、「デバイスの位置情報特定」と「ロック画面への緊急連絡先のメッセージ表示」機能を併用して探すのがおすすめです。近所であれば、デバイスの位置情報が指し示す場所に行けばデバイスを見つけられるかもしれません。このような場合でもスマホをすぐに見つけられない可能性もあるため、まずはデバイスのロックをかけながら探すようにしてみてください。

国内外の旅行中など遠方で紛失したと考えられる場合

国内外の旅行中などに紛失したときは、情報保護を考慮してスマホのデータ消去も検討する必要があります。また、旅行中の紛失ではスマホの充電も減って、なくなることが考えられます。個人情報やその他の重要な情報などを悪用されないためにも、データを消去してセキュリティを優先したほうがよいかもしれません。データを消去しても、事前に準備しておくことで、消去したデータを新しいスマホで復元することも可能です。

Android スマホを紛失して見つからないときの対処方法と備え

Android デバイスを紛失した後、どうしても見つからないときに必要な対処方法を紹介します。

決済サービスの利用を停止する

紛失した Android スマホなどのデバイスで決済サービスなどを利用していたとき、取得した誰かに不正利用される可能性があります。そのため、紛失したスマホに登録している決済サービスの利用を一時的に停止しましょう。なお、この停止は契約しているキャリアに連絡することで対応できる場合があります。紛失したスマホがなかなか見つからないときは、早めにキャリアに連絡して相談しましょう。

SNS や各種サービスのパスワードを変更する

紛失した Android スマホなどのデバイスで利用中の SNS や各種会員サービスなどにログインしているときは、パスワードを変更しましょう。ログアウトしている場合でも、パスワードのデータが保存されていたら、第三者がログインできてしまいます。パスワードそのものを変更することが有効な手段だといえるでしょう。

日頃からバックアップを取っておく

デバイスが見つけられずに「データ消去」が必要になった場合に備えて、日頃から Android スマホのデータのバックアップを取っておきましょう。バックアップがあれば、新しいスマホにデータを復元させて利用できます。Android デバイスのバックアップの方法についてはこちらで確認してください。

Android スマホ紛失時の対応をしっかり理解しておこう

Android スマホを紛失したときは、紛失時に役立つ機能を使って早急に対応することが大切です。自分の Android スマホの設定を見直して、紛失時の機能が有効に使えるようになっているか確認してみましょう。

※本記事で紹介した内容は、一部ご利用になれないデバイスなどもあります。本製品またはその一部の機能などを利用できるかどうかは、OEM およびデバイスメーカーによって異なります。

前の記事

文章の作成や翻訳にも使える Google の「音声入力」でテキスト入力をもっと便利に

Android 機能 2022.02.28

次の記事

「OK Google」はもう日常?利用手順などを知って Google の音声検索を使いこなそう

Android 機能 2022.02.28