迷惑な電話やメッセージに困ったら、着信拒否を設定する方法も

Android 便利機能 2022.07.15
迷惑な電話やメッセージに困ったら、着信拒否を設定する方法も

迷惑電話で困っている方は、Android スマホでブロック(着信拒否)設定をすることができます。また、着信した電話の相手や内容を事前に確認する手段もあります。本記事では、スマホで迷惑電話をブロックする設定方法から、Google Pixel で設定できる「通話スクリーニング」についても解説します。

Android スマホでブロックする

Android スマホでは、特定の番号や不明な番号からの着信をブロック設定できます。

※Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

Android スマホでブロックする

特定の電話番号をブロックする

特定の電話番号から迷惑電話がかかってくる場合は、その番号を指定してブロックします。ブロックする手順については以下を参考にしてください。

  1. 電話アプリを開きます。
  2. その他アイコン(︙) → [通話履歴] をタップします。
  3. ブロックしたい電話番号からの通話をタップします。
  4. [ブロックして迷惑電話として報告] をタップします。
  5. [ブロック] をタップします。

不明な番号をブロックする

非公開(非通知)の電話番号や特定できない電話番号からの着信をブロックすることもできます。手順については以下を参考にしてください。

  1. 電話アプリを開きます。
  2. その他アイコン(︙)をタップします。
  3. [設定] → [ブロック中の電話番号] をタップします。
  4. [不明な発信者] をオンにします。

※非公開(非通知)の番号や特定できない番号はブロックされますが、連絡先に保存されていない電話番号からの通話は着信します。

ブロックを解除する

一旦ブロックした電話番号からの着信を再度受けられるようにしたいときは、以下の手順でブロックを解除しましょう。

  1. 電話アプリを開きます。
  2. その他アイコン(︙)をタップします。
  3. [設定] → [ブロック中の電話番号] をタップします。
  4. ブロックを解除する電話番号の横にある解除アイコン → [ブロックを解除] をタップします。

キャリアのサービスを使ってブロックする

ブロック設定は Android の機能だけではなく、携帯電話のキャリアによるブロックサービスを利用できる場合があります。

ブロックサービスの申込みや月額料金が必要かどうかは、キャリアによって異なります。また、ブロックする電話番号の登録件数もキャリアによって異なり、概ね 10 件から 30 件程度となっているようです。

キャリアのサービスでブロック設定をしたい場合は、自身が契約しているキャリアの公式サイトなどでご確認ください。

キャリアのサービスを使ってブロックする

Google Pixel の「通話スクリーニング」を利用する

迷惑電話を防ぐ方法にはブロック設定があります。しかし、知らない電話番号から重要な電話がかかってくる可能性もあるなど、ブロック設定が向いていないシーンもあるでしょう。そのようなときに利用したいのが、Google Pixel で使える「通話スクリーニング」です。ここでは通話スクリーニングの機能と、その設定方法を確認していきましょう。

※Android のバージョンや機種によっては対応していない場合があります。

Google Pixel の「通話スクリーニング」を利用する

通話スクリーニングとは

通話スクリーニングとは、着信した電話に出る前に相手の名前や用件を確認する機能です。

通話スクリーニングを設定した場合、電話がかかってくると Google アシスタントが電話に応答し、発信者と用件を確認するメッセージを流します。その後、発信者の応答(話している)内容がリアルタイムに文字変換されるので、だれがどのような用件で電話をかけてきたかが事前にわかる仕組みです。また、迷惑電話であると判断した場合は、電話を切るなどの動作も可能です。

通話スクリーニングの設定方法

それでは、通話スクリーニングの設定方法をみていきましょう。ここでは、Google Pixel で手動でスクリーニングする設定について紹介します。

  1. 電話がかかってきたら、[着信をスクリーニング] をタップします。

  2. Google アシスタントが、かかってきた電話をスクリーニングして、発信者と用件を確認します。このとき、発信者の応答の音声文字変換がリアルタイムで表示されます。

  3. 発信者が応答したら、以下の対応方法のいずれかを選択します。

  • 電話に出る

  • 電話を切る

  • 応答の候補から希望するものを選択する

応答候補を選択する場合には、たとえば次のような応答が返されます。

    • 緊急かどうかを確かめる場合: 「緊急のご用件でしょうか?」

    • スパムとして報告する場合: 「この電話番号は名簿から削除してください。それでは失礼します。」

    • かけ直す場合: 「ただいま電話に出られませんので、後ほどかけ直します。それでは失礼します。」

    • 聞き取れない場合: 「すみません、よく聞き取れませんでした。もう一度お聞きしてもよろしいでしょうか?」

通話スクリーニング設定の詳細や、設定ができない場合は、ヘルプセンターもあわせてご覧ください。

メッセージもブロックできる

Android スマホでは、通話だけではなくメッセージをブロックすることもできます。ここでは、メッセージのブロック方法を確認していきましょう。

※Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

メッセージもブロックできる

メッセージ アプリで会話をブロックする

Android のメッセージ アプリでは、特定のユーザーのメッセージをブロックできます。

  1. メッセージ アプリを開きます。
  2. ホーム画面で、ブロックしたい会話を長押しします。
  3. ブロック アイコン → [OK] をタップします。

ブロックを解除する

メッセージのブロックを解除したい場合や、間違えてブロックしてしまった場合は、以下の手順でブロックを解除してください。

  1. メッセージ アプリを開きます。
  2. その他アイコン (︙) → [スパム / ブロック中] をタップします。
  3. リストから目的の連絡先を選択します。
  4. [ブロックを解除] をタップします。

迷惑な着信やメッセージはブロック設定もできる

迷惑電話や不明な番号からの着信は Android の機能やキャリアのサービスを利用してブロック設定ができます。また、同様にメッセージについてもブロックすることが可能です。

Google Pixel をお使いの方は、知らない番号からの着信を受けるときに、事前に内容を確認する通話スクリーニングを試してみてはいかがでしょうか。Android スマホでの各種設定方法を把握して、適切に利用しましょう。

※本記事で紹介した内容は、一部ご利用になれないデバイスなどもあります。本製品またはその一部の機能などを利用できるかどうかは OEM およびデバイス メーカーによって異なります。

前の記事

フリック入力を習得すると入力速度が上がる? 基本操作や設定方法、練習する方法についても解説

フリック入力を習得すると入力速度が上がる? 基本操作や設定方法、練習する方法についても解説

Android 便利機能 2022.07.15

次の記事

スマホのアクセシビリティとは? Android で利用できるアクセシビリティ機能を紹介

スマホのアクセシビリティとは? Android で利用できるアクセシビリティ機能を紹介

Android 便利機能 2022.07.15