強力なセキュリティ機能を搭載

Google のインテリジェンスを詰め込んだ Android が
マルチレイヤの厳重なセキュリティを提供

あらゆる脅威に対処できるセキュリティ

脅威はあの手この手で侵入を試みてきます。マルチレイヤのセキュリティで侵入を防ぎ、復旧も容易な Android なら、仕事用データも安心して利用できます。

詳細

Google Pixel
  • Google Play プロテクト

    Google Play プロテクト

    アプリの解析、スキャン、削除を休みなく行います。

  • Management API

    Management API

    EMM で適用したポリシーを管理します。

  • OS プラットフォーム

    OS プラットフォーム

    プラットフォームのセキュリティが強化され、端末やデータの完全性がさらに高まりました。

  • ハードウェア

    ハードウェア

    クリティカルなタスクも、安全性を追求したハードウェアで安心して遂行できます。

IT ポリシーを適用してデータを保護

IT ポリシーを適用してデータを保護

Android の広範な Management API を使用すると、データの漏えいを防止したり、規制を強制的に適用したりできます。管理者は、ネットワーク設定やポリシーを適用して企業データを保護できます。IT 担当者は、仕事用プロファイルを導入し、個人と会社のデータを OS レベルで分離できます。

詳細

モバイル脅威検出サービス

モバイル脅威検出サービス

Google Play プロテクトがアプリや情報を安全に保護します。Google の機械学習によって進化し続ける保護サービスが、端末のアプリを毎日スキャンして有害なアプリをブロックします。Google Play プロテクトを利用して、社内で開発したアプリに既知の脆弱性が含まれていないか検証することも可能です。

詳細

堅牢なプラットフォーム セキュリティを内蔵

堅牢なプラットフォーム セキュリティを内蔵

Android プラットフォームでは、SELinux を強制的に適用し、アプリ サンドボックスを使用してアプリを隔離します。また、トラスト チェーンの確立、暗号化手法の利用、SafetyNet API による検証を通じて、ハードウェアやプラットフォームが不正使用されていないか確認しています。対応端末の場合は、正当な所有者以外によるアクセスからデータを保護するため、暗号化がデフォルトでオンになっています。

詳細

ハードウェアでセキュリティを強化

ハードウェアでセキュリティを強化

Android 搭載端末では、PIN の確認やセキュアブートなど、特権的な操作や高度なセキュリティを必要とする操作を TEE(Trusted Execution Environment)を使用して実行します。Android Oreo では、ハードウェアによる不正使用防止機能を追加してセキュリティをさらに強化しました。

詳細

毎月のセキュリティ パッチで常に最新

毎月のセキュリティ パッチで常に最新

Google では、Android のセキュリティ パッチの更新を月に一度のペースで端末メーカーに提供し、OS で見つかった脆弱性に早期に対応できるようにしています。

詳細

Android と EU 一般データ保護規則(GDPR)

Android と EU 一般データ保護規則(GDPR)

企業だけでなく個人においても、スマート デバイスで日常的に機密性の高い情報を扱うようになってきています。Google では、Android、Google Play、その他のモバイル サービスにおいて、データの保護と EU 一般データ保護規則(GDPR)の準拠に向けて取り組みを進めています。

詳細