スクリーンショットを有効活用しよう! 知っておくと便利な機能

Android 便利機能 2022.10.18
スクリーンショットを有効活用しよう! 知っておくと便利な機能

スクリーンショットとは、スマホなどの画面をそのまま画像として保存できる機能です。一般的には「スクショ」や「画面キャプチャ」と呼ばれています。Android スマホの画面を保存できるのは知っているけれど操作方法が分からない、どのようなときに活用すればいいのか分からない、という方もいらっしゃるでしょう。本記事では Android スマホでスクリーンショットの機能を使う方法や、具体的な活用シーンなどを紹介します。

Android スマホでスクリーンショットを撮影する方法

スクリーンショットを撮影する際は、スマホ本体のボタンを使います。電源ボタンと音量小ボタンを同時に押すと撮影可能です。スマホによっては、独自のスクリーンショット機能を備えているものもあります。

Android スマホでスクリーンショットを撮影する方法

便利な機能をシーンや目的に応じて使い分けよう

Android スマホに搭載されているスクリーンショット機能には、いくつかの種類があります。状況に応じて使いこなすためにも、それぞれのやり方を知っておくとよいでしょう。

便利な機能をシーンや目的に応じて使い分けよう

ウェブページなどをまるごと画面保存したいとき

スクロールしなければ表示されない縦長のウェブページなどを保存したいときは、スクロール スクリーンショットを活用しましょう。

スクロール スクリーンショットは、Android 12 から搭載された機能で、画面上に表示されていない部分も含めて、ウェブページ全体を画像として保存できます。操作方法は電源ボタンと音量小ボタンを同時に押したあとに [キャプチャ範囲を拡大] をタップし、切り抜きガイドラインで保存したい範囲を調整します。

保存したスクリーン ショットを確認したいとき

保存したスクリーンショットを確認するときは、Google フォトアプリ(以降、フォトアプリと記載)を開き、[ライブラリ] を選択して [Screenshots] をタップしましょう。

フォトアプリがインストールされていない場合は、Google Play ストアから入手してください。インストールを行った後、フォトアプリの [フォトの設定] から [バックアップと同期] をタップして、[デバイスのフォルダのバックアップ] をタップします。[Screenshots] をオンにすると、フォトアプリからスクリーンショットを確認できます。

また、Files by Google などのファイル管理アプリでもスクリーンショットを確認可能です。

スクリーンショットを編集したいとき

スクリーンショットに文字や線を入れたいときは、スクリーンショットを撮影した後に表示される編集アイコン(鉛筆マーク)をタップしましょう。

それ以外の編集を行いたい場合はフォトアプリを開き、[ライブラリ] から [Screenshots] を選択します。編集したいスクリーンショットを選び [編集] をタップすると、ぼかし加工や色合いの補正などが行えます。

スクリーンショットを共有したいとき

スクリーンショットを誰かと共有したい場合は、スクリーンショットを撮影した直後に表示される共有アイコンをタップすることで可能です。

また、保存しているスクリーンショットを共有したい場合は、フォトアプリを活用しましょう。フォトアプリの [ライブラリ] から [Screenshots] をタップし、次に共有したいスクリーンショットを選んで [共有] をタップすると、Google フォトや Gmail など他のアプリで共有できます。

翻訳やコピーをしたいとき

スクリーンショットの中にある文字の翻訳やコピーをしたい場合は、フォトアプリでスクリーンショットを選択し [レンズ] をタップしましょう。その後 [翻訳] をタップして言語を指定すればテキストが翻訳されます。

また、[文字] をタップすれば、スクリーンショットの画像からテキストの範囲指定をしてコピーすることも可能です。

スクリーンショットの活用法

スクリーンショットは手軽に保存でき、オフラインでも閲覧可能なので、さまざまなシーンで活用できます。その一例を見てみましょう。

スクリーンショットの活用法

外出時や旅行の際に

外出先で目的地までの交通手段を確認したいときは、あらかじめ乗り換え案内や時刻表などのスクリーンショット画面を保存しておくとよいでしょう。電波の届かないところでも確認できるので安心です。

情報を画像で共有したいとき

行きたいお店やスケジュールの予定などを誰かと共有したいときは、文字よりも画像のほうが伝わりやすい場合があります。そのようなときにもスクリーンショットを活用するとよいでしょう。

メールやチャットの内容を振り返りたいとき

保存しておきたいメールやチャットの内容をスクリーンショットで保存しておけば、間違ってメールを削除したときなどに便利です。特にチャットの場合、相手がチャット サービスを退会するとメッセージを確認できなくなることがあります。

後から読み返したいチャットのやりとりがある場合にもスクリーンショットが役立ちます。

ネットショッピングをしたときにも

インターネットで買い物をしたときなどに表示される購入完了画面(注文番号や予約番号が表示される画面)のスクリーンショットを撮影しておけば、万が一メールが届かなかった場合に役立ちます。証拠として残しておくほうがいいと思われる画面は撮影しておくとよいでしょう。

スクリーンショットができない場合は

スクリーンショットが撮れない場合、どのような原因があるのでしょうか。次に紹介する項目に該当するものがないかを確認してみましょう。

スクリーンショットができない場合は

スクリーンショットができないアプリを使用している

動画視聴アプリや書籍アプリなど、一部のアプリでは著作権などの理由からスクリーンショットが使えない場合もあります。スクリーンショットができないとのメッセージが表示された場合は、そのような理由があることを覚えておきましょう。

ストレージ容量が不足している

Android スマホのストレージ容量が不足していると、スクリーンショットを保存できないことがあります。現時点での空き容量は、設定アプリから [ストレージ] をタップして確認しましょう。

空き容量を増やしたい場合は、不要なファイルや写真、スクリーンショットなどの削除がおすすめです。削除の候補を提案してくれるアプリ Files by Google を使うと、一定期間経過したスクリーンショットを簡単に削除できます。

※詳しい削除手順はこちらをご覧ください。

スクリーンショットをもっと活用しよう

スクリーンショットの撮影方法や、目的ごとの便利な活用方法、スクリーンショットができないときの解決法について解説しました。外出時や買い物をするときなど、アイデア次第で幅広く活用できます。本記事を参考にし、日常のさまざまなシーンで活用してみてはいかがでしょうか。

※本記事で紹介した内容は、Android のバージョンや機種によって異なる場合があります。

※本記事で紹介した内容は、執筆時(2022 年 8 月)のものです。

前の記事

ノイズ キャンセリングとは? その種類や仕組みからメリットまでを紹介

ノイズ キャンセリングとは? その種類や仕組みからメリットまでを紹介

Android 端末 2022.10.18

次の記事

2 段階認証とは? 2 種類の鍵でアカウントの乗っ取りを防ごう

2 段階認証とは? 2 種類の鍵でアカウントの乗っ取りを防ごう

Android 端末 2022.10.18