ATMoS

ATMoS(アトモス)は、私たちの身の周りの気象の変化を分析して、わかりやすく教えてくれるデバイスです。私たちは生涯を通じて、気象の変化に影響されますが、実際は気象のことをよく知りません。ATMoS に搭載されたさまざまなセンサーはユーザーの周りの気象を細かに観測します。例えば、ユーザーの家限定の気象予測をしてくれたり、ユーザーの体調が気象から受ける影響を教えてくれます。世界中の ATMoS が連携しながら複雑な気象予測を実現します。

ATMoS は、気象状況を観測したい場所に置いたり、持ち歩いて使います。常に周りを観測し、ユーザーの生活範囲の気温、湿度、気圧、天気や状況画像を集めます。ATMoS は時々ユーザーに「気分はどう?」などの簡単な質問もしてきます。対話を通じて、ユーザーの体調と気象との関係性も学習します。収集した情報はサーバーでの解析を経て、ベストな体調で臨めるスケジュール推奨から気象災害の注意まで、さまざまなお知らせとなって表示されます。

身の回りの気象情報は人が生きていく上で重要な情報です。しかし、私たちが気象について知ろうと思っても、流通している気象情報の多くは難解で、かつ生活に反映しづらいと感じていました。この "情報の非対称性" を新しいデバイス、体験のデザインを通して解消したいと思い、ATMoS をデザインしました。

Team Name

tsug

Team Members

久下 玄

Project URL

ATMoS

Next Steps

数種のプロトタイプを使った実証実験と研究を繰り返し、独自データベースや AI の開発に着手しています。次の段階では、あたらしいかたちの気象情報サービスの構築を想定しています。